名古屋でおすすめの埋没法は?術式や組み合わせ可能な美容整形も解説!

名古屋で埋没法を名医にしてもらった女性のイメージ
【リスク・副作用】腫れ、内出血、むくみ、傷跡、痛み。※これらの症状がなるべく出ないように配慮して手術を行います。

埋没法は、医療用の針と糸を使って理想的な二重を形成する人気の美容整形です。気軽にできるプチ整形として、性別を問わずあらゆる世代から選ばれています。今回は、名古屋で埋没法を受けたいと考えている方に向けて、おすすめの術式や組み合わせたい手術をご紹介します。おすすめのデザインについても解説しておりますので、興味のある方はぜひ最後までご覧ください。

名古屋院の埋没法の詳細

clinic

美容外科の激戦区の名古屋

名古屋は、東京や横浜、大阪に次ぐ美容外科の激戦区として人気の高いエリアです。そのため、埋没法を得意とする名医を見つけやすい傾向にある一方、「どこの美容外科で埋没法を受ければ良いか分からない」というようなお悩みを抱える方が多くなってきます。美容外科や医師の選び方が分からず、知名度や費用の安さだけを重視した結果、失敗して当院に修正手術を受けにこられる方もたくさんいらっしゃいます。
美容外科選びのポイントとしては、「自宅からのアクセスの良さ」と「アフターフォローの充実度・保証制度の内容」が、医師選びのポイントとしては「埋没法の症例数・手術実績」と「技術の高さ」が最重要事項です。
昔からある知名度のある美容外科でも、実際に手術を担当する医師が未熟であれば意味がありません。手術をおこなう医師がどのような経歴を持ち、どのくらいの数の症例をこなしてきたのか、症例写真の変化が理想とするイメージに近いかどうか、術直後の内出血の量や経過などをしっかりと確認した上で、医師を選ぶようにしてください。

埋没法のバナー

人気の埋没法のご予約はコチラから⇒

about

埋没法とは

【リスク・副作用】腫れ、内出血、むくみ、傷跡、痛み。※これらの症状がなるべく出ないように配慮して手術を行います。

埋没法は「切らない二重整形」とも呼ばれ、その名の通りメスを使わないことが一番の特徴です。メスで二重ラインを切開する代わりに医療用の特殊な針と糸を用いて手術をおこないます。まぶたの筋肉と皮膚を内側から縫い合わせ、仮留めして折り目を作ることにより、「生まれつき二重がある人のまぶた」を再現します。
切開不要なため術後の痛みや違和感が少なくダウンタイムの症状が軽いこと、手術時間が短く比較的気軽に受けられること、全切開と比べて料金が安いことなどがメリットです。また、糸を解けばもとの状態に戻せるため、失敗したりトラブルが発生したりしてもリスクは少ないと言えます。トレンドの変化に合わせて二重幅を変えたい人におすすめです。
逆に、糸が取れたり緩んだりすることによって後戻りしやすい点はデメリットです。また、まぶたに厚みがある方は埋没法が適用されない場合があります。まぶたの厚みを軽くするために他の手術との併用を提案されたり、全切開を勧められたりするかもしれません。

design

埋没法でおすすめのデザインは?

【リスク・副作用】腫れ、内出血、むくみ、傷跡、痛み。※これらの症状がなるべく出ないように配慮して手術を行います。

二重のデザインにはさまざまなものがあり、主に末広型・平行型・MIX型の3種類に分けられます。トレンドによって人気のデザインは変化し、また顔全体のバランスによっても最適な二重のデザインは異なります。特に二重整形したことをバレたくない方は、いかに自分に似合う二重幅をデザインしてもらうか、ということも重要です。それぞれのデザインが与える印象について、詳しく見ていきましょう。

末広型

【リスク・副作用】腫れ、内出血、むくみ、傷跡、痛み。※これらの症状がなるべく出ないように配慮して手術を行います。

目頭側(目の内側)は細く、外に広がっていくにつれて幅が広がっていくデザインを「末広型」と呼びます。日本人の骨格に合った自然な二重なので、ナチュラルな目元を好む方に人気です。最近のトレンドでもあり、細かいデザインによってはクールな印象を目指すことができます。
ほかのデザインと比べてアプローチする範囲が小さく済むため、比較的腫れにくいのも特徴です。また、安定して取れにくい型でもあるため、万が一一部の糸が切れてしまっても、二重の全体の形が崩れにくいと言われています。

平行型

【リスク・副作用】腫れ、内出血、むくみ、傷跡、痛み。※これらの症状がなるべく出ないように配慮して手術を行います。

目頭側から目尻側までの幅が一定のデザインは「平行型」と呼ばれます。欧米人に生まれつき多い二重の型で、ぱっちりとした印象の洗練された目元を目指すことが可能です。
ただし、日本人は蒙古ひだが張っていることが多く、埋没法だけで綺麗な平行型の二重を作るのは難しい場合があります。広範囲へのアプローチが必須となるため、末広型と比べると腫れやすいと言えるでしょう。医師の腕によっては糸が外れやすい型でもあるので、手術前にしっかりとデザインを定めておくことが大切です。

MIX型

【リスク・副作用】腫れ、内出血、むくみ、傷跡、痛み。※これらの症状がなるべく出ないように配慮して手術を行います。

末広型と平行型のちょうど中間となるデザインは「MIX型」と呼ばれます。目頭側に少しだけ幅を持たせることで、まつ毛の生え際をしっかり見せることが可能です。末広型のナチュラルな美しさと平行型のぱっちりとした目元を両立することができるため、大変人気の高いデザインになります。
術後の腫れやすさや糸の取れやすさについても、末広型二重と平行型二重の真ん中くらいです。

recommendation

eクリニック名古屋院で受けられるおすすめの術式

ここからは、「腫れにくい」、「取れにくい」、「バレにくい」を叶えるeクリニック名古屋院の埋没法のなかでも、特に人気の高い術式をピックアップしてご紹介します。

フォーエバークロス法

フォーエバークロスの図解

2本の糸を絡ませた状態で埋没する手術です。形成した二重幅が極めて取れにくく、なめらかな二重のラインを描きやすい術式になります。デザインの幅も広く、末広型・並行型・MIX型までさまざまな二重を実現することが可能です。ダウンタイム期間には個人差がありますが、1〜2週間ほどであると言われています。

クイックループシングル・ダブル法

クイックループダブルの図解

クイックループ法は、糸の結び目をまぶたの裏側に埋めることで、より目立ちにくく腫れを抑えることのできる術式です。まぶたに傷がつかず、腫れにくく、結び目がまぶたから透けることもありません。手術直後からメイクができる点も特徴です。
シングル法とダブル法の違いは、使用する糸の本数と留める点の数にあります。シングル法では1本の糸を使用するのに対し、ダブル法では2本の糸を用います。シングル法は2点留め、ダブル法は4点留めですが、留める点が多いほどなめらかな曲線を描くことが可能です。

特殊6点留め

特殊6点留めの図解

クイックループダブル法を応用した術式です。留める点が6つあるため取れにくく、なめらかなカーブの二重ラインを作ることができます。まぶたの裏側に結び目がくるので、糸が見えにくくダウンタイムが少ない点も特徴です。


combination

埋没法と組み合わせたいおすすめの手術

【リスク・副作用】腫れ、内出血、むくみ、傷跡、痛み。※これらの症状がなるべく出ないように配慮して手術を行います。

埋没法と組み合わせることで、さらなる効果を発揮できる手術があります。ここからは、より美しい目元を実現するために埋没法と併用したい手術をご紹介します。

理想的な目元にするには埋没法だけとか目頭切開だけとか一つの術式を行うのではなく、目元の様々な術式を組み合わせて行うと、より理想的な目元にすることが可能です。この症例は埋没法と目頭切開と目尻切開とタレ目形成を同時に行い、目を全方向に大きくした症例です。

目頭切開

【リスク・副作用】腫れ、内出血、むくみ、傷跡、痛み。※これらの症状がなるべく出ないように配慮して手術を行います。

目頭切開は、メスを使って目頭を切開し、目を大きく見せる美容整形です。蒙古ひだを解消することによる離れ目の改善や、斜視を目立たなくすることができます。切開するのはわずか数ミリなので、傷跡やダウンタイムも極めて少なく、気軽にできる美容整形として人気です。「目頭切開をすると目頭が尖るからすぐにバレる」というイメージを持たれがちですが、当院では尖りすぎない自然な目頭を形成することもできます。
埋没法と組み合わせる場合には、微小な目頭切開をおこなうことで、より自然で美しい二重ラインを形成できるようになります。また、目頭切開で蒙古ひだが解消されることにより、綺麗な平行型の二重幅を実現することも可能です。

名古屋院の目頭切開の詳細

眉下切開

眉下切開と埋没法を同時にした症例
【リスク・副作用】腫れ、内出血、むくみ、傷跡、痛み。※これらの症状がなるべく出ないように配慮して手術を行います。

まぶたに脂肪やたるみがあり厚みが強いと、埋没法だけでは理想通りの二重を叶えられない可能性があります。眉下切開によって余分な皮膚や脂肪を取り除くことで、すっきりと軽いまぶたにすることが可能です。違和感の少ない自然な二重幅を形成できます。
眉下切開においては、傷をいかに目立たないようにするかが重要なポイントです。当院では、丁寧かつ的確な位置で縫合をおこなうことで、ノーメイクでも傷跡を目立たなくすることができます。体質にもよるため個人差はありますが、手術から数ヶ月後にはほとんど分からなくなっているでしょう。

名古屋院の眉下切開の詳細

目上切開

目上切開と埋没法で行った食い込みが弱い全切開の他院修正
【リスク・副作用】腫れ、内出血、むくみ、傷跡、痛み。※これらの症状がなるべく出ないように配慮して手術を行います。

目上切開は、目頭ではなく「蒙古ひだから二重幅にかけての一部分のみ」を切開する手術です。「蒙古ひだはあるけど求心顔」というような方でも、不自然になることなく蒙古ひだを除去することができます。目と目の間隔を近づけずに二重幅や目幅を調整したい方におすすめです。また、埋没法と目上切開を組み合わせることにより、目つきを矯正することもできます。

クマ取り

目の下にあるクマが目立つと、老けて見えたり疲れて見えたりと、他人にネガティブな印象を与えかねません。濃いクマはメイクでカバーすることも難しいため、お悩みの方は多くいらっしゃるのではないでしょうか。
埋没法とクマ取りを同時におこなうことで、目元の印象を大きく変化させることが可能です。特に30代以上の方であれば、下まぶたのたるみまで解消され、一気に若々しい印象になります。少ない手術でより劇的な変化を望む方にもおすすめです。
クマ治療にもさまざまな手術方法が存在しますが、eクリニック名古屋院ではすべてのクマ治療をおこなうことができます。ひとつの術式に捉われず、患者様の目元の状態を見極めた上で最適な術式をご提案いたします。

名古屋院のクマ取りの詳細

summary

名古屋で埋没法を受けるならeクリニック名古屋

横浜みなとみらい院 の受付
横浜みなとみらい院のエントランス
横浜みなとみらい院のカウンセリングルーム
横浜みなとみらい院の廊下
横浜みなとみらい院のメイクルーム
横浜みなとみらい院の外観

今回は、名古屋で埋没法を受けられるおすすめの美容外科について、術式や併用するべき手術も含めてご紹介しました。いかがでしたでしょうか。
eクリニック名古屋院では、大手美容外科で修正手術の技術指導医を務めた経験のある円戸医師や、大手美容外科での分院院長経験のある江崎院長が埋没法の手術を担当いたします。丁寧なカウンセリングと手術、きめ細やかなアフターフォローにより、患者様に必ず満足していただけるように尽力しますので、名古屋で埋没法を検討している方はぜひ一度当院へお越しください。

埋没法のバナー

人気の埋没法のご予約はコチラから⇒

Tiktok Instagram