名古屋でおすすめのクマ取りは?術式や医師選びのコツを解説

目の下のたるみが綺麗な名古屋の女性
名古屋で行った裏ハムラの1ヶ月後の症例写真の解説
【リスク・副作用】むくみ・内出血・目元の熱感などを生じることがあります。リスク副作用に配慮して丁寧に手術を行います。

目の下にできたクマは「疲れて見える」「実年齢より老けているように見える」といったマイナスイメージを与えてしまいがちです。マッサージなどのケアをしても消えないしつこいクマに悩まされているという方は多いのではないでしょうか。
そんな方におすすめなのが、クマ取り治療です。クマ取りには多くの施術方法があるため、原因の異なるさまざまなクマを根本的に改善することができます。クマ取りで失敗しないために重要となるのが、どの術式を選択するかということと、クマの原因や種類を見抜き適切な施術方法を提案してくれる医師に施術を担当してもらうことです。
そこで今回は、名古屋でクマ取りを検討している方に向けて施術方法や医師選びのコツについて解説していきますのでぜひ参考にしてみてください。

名古屋院のクマ取りの特徴

目の下のたるみ取りのバナー

人気の目の下の目の下のたるみ取りのご予約はコチラから⇒

Remedies

名古屋でも質のいいクマ治療は受けられる?

「日本で美容整形を考えるなら東京」というふうに考える方が多いかもしれませんが、大阪・横浜・名古屋などの美容外科激戦区では、東京にこだわりすぎなくてもクオリティの高い美容整形を受けることができます。こういった地域には美容外科が多く集まっているため、クリニック同士の競争率が高く、自然と技術の高い医師が多く集まっているのです。必然的に名医の数も多くなるので、医師選びさえ間違えなければ名古屋でも十分に質の高いクマ取りの施術を受けることができます。
むしろ、わざわざ東京まで行くと余計な移動費や滞在費の負担が増える上、万が一の際にすぐに受診できないなどデメリットの方が大きいと言えるでしょう。

type

クマの種類

目の下のクマの種類の図解

先程述べたように、クマにはいくつかの種類があります。クマは原因によって適切な治療法も異なるため、クマ取りをする際にはご自身のクマがどの種類なのかを知っておくことが重要です。

赤クマ

赤クマのイメージ

目の下が赤く膨らんだ状態のクマを「赤クマ」と呼びます。
目の下の眼窩脂肪が突出することによって眼輪筋が圧迫され、筋肉が赤く透けることで発生するものです。赤クマの根本的な原因は脂肪の膨らみですが、この脂肪の膨らみの原因は加齢になります。そのため、ご自身で表面的なケアをおこなっても改善は見込めません。
首を動かさず目だけを上に向けた際に、目の下の脂肪が膨らみ、クマの赤みが増すようなら赤クマの可能性が高いでしょう。赤クマに効果的な治療は、膨らみの根本的な原因である眼窩脂肪を取り除く経結膜脱脂、表ハムラ、裏ハムラなどです。

青クマ

青クマのイメージ

目の下が青く透けている不健康そうなクマを「青クマ」と言います。青クマは疲れているときに出やすく、原因は睡眠不足や血行不良です。パソコンやスマホの使いすぎによる目の酷使や寝不足、ストレスによる血行不良によって、毛細血管が薄く透けます。青クマの原因は血行不良なため、単純に睡眠や目の下のマッサージや生活習慣を見直すことで改善できるケースも多いです。表面的なケアでも改善が見込めない場合には、もともと目の下の皮膚が薄いことが考えられます。目の下に脂肪注入を行うことで血管を透けにくくする治療がおすすめです。

茶クマ

茶クマのイメージ

紫外線や摩擦などによる色素沈着色が原因で目の下が茶色くくすんだ状態を「茶クマ」と言います。
目の周りの皮膚は非常に薄いため、色素沈着しやすい部分です。普段から目の下を強く擦ったり、強い力でマッサージをおこなったりすると、それが刺激となって茶クマができることがあります。目の下の皮膚を引っ張って、クマも一緒に移動するなら茶クマである可能性が高いです。茶クマの治療には、色素沈着を改善するレーザー治療やメラニンの生成を阻害する内服をおすすめします。

黒クマ

黒クマのイメージ

眼窩脂肪の膨らみや加齢による皮膚のたるみが原因で目の下に影ができた状態を「黒クマ」と言います。影によってできるクマであることから、「影クマ」と呼ばれることもあります。
このような影ができる原因は、加齢による目の下の凹みや眼窩脂肪の突出です。目の下に凹凸やたるみができてしまうことで発生します。
クマを目の外側に向かって引っ張ってみて、クマが目立たなくなるなら黒クマである可能性が高いでしょう。
黒クマの治療には、眼窩脂肪を取り除いたり移動させたりする目の下のたるみ除去、凹みを改善する治療をおすすめします。具体的には経結膜脱脂やハムラ法、裏ハムラ法、皮膚切開などを提案されるケースが多いです。

recommendation

おすすめのクマ取り治療

ここまでクマの種類について解説してきましたが、ここからはクマ取りにおすすめの治療をご紹介します。

経結膜脱脂(目の下の切らないたるみ取り)

経結膜脱脂と目の下のヒアルロン酸注入を同時にした症例の1週間後
【リスク・副作用】むくみ・内出血・目元の熱感などを生じることがあります。リスク副作用に配慮して丁寧に手術を行います。

経結膜脱脂は、下まぶたの裏側(結膜)にメスを入れて眼窩脂肪を取り除く方法です。皮膚表面を切開しないことから、「切らないクマ取り」「目の下の切らないたるみ取り」と呼ばれることもあります。
皮膚の表面を切開しないためダウンタイムが短く、傷跡が残らない点がメリットです。

経結膜脱脂で眼窩脂肪を取りだしている図解

経結膜脱脂は決して高難易度の施術ではありませんが、取り除く脂肪には適切な量があります。切除量を誤ると不自然な見た目になってしまうため、お客様の目元の状態を見ながら適切なデザインを見極めなければなりません。医師の技術が求められる部分です。

目の下の脂肪注入

裏ハムラとナノリッチで脂肪注入をした1か月後の症例
【リスク・副作用】むくみ・内出血・目元の熱感などを生じることがあります。リスク副作用に配慮して丁寧に手術を行います。

目の下の脂肪注入は、目の下の凹みが原因のクマに効果的です。不足したボリュームを脂肪注入で補うことで、目元を自然なハリのある状態にして、クマの解消を目指します。脂肪注入には通常の脂肪注入とナノリッチの2種類がありますが、特におすすめなのはナノリッチです。

目の下の脂肪注入の図解

お客様ご自身の体(太ももやお腹周りなど)から脂肪を吸引したあと、不純物を除去するところまでは同じですが、ナノリッチはそれをさらに細かくして繊維まで取り除いた液状の脂肪を注入します。液状にすることでよりスムーズかつなめらかに注入することができ、しこりのリスクを抑えることも可能です。

表ハムラ

表ハムラの眼窩脂肪の移動の図解

表ハムラではまつ毛の下側を切開し、眼窩脂肪を目の下の凹んでいるところに移動させることでクマを改善する治療法になります。目の下の膨らみと凹みの両方をひとつの施術で同時に解決できるのが特徴です。
表ハムラでは、皮膚表面を切開するため傷跡が残る可能性があるというデメリットの他にも、涙袋がなくなってしまうリスクと下まぶたの緊張が極端に緩んでしまうリスクが存在します。涙袋の正体である眼輪筋を切開するため、涙袋が消失もしくは減少してしまう可能性があるのです。しかし、施術方法を工夫して涙袋を残したまま施術をおこなっている美容外科もあります。涙袋がなくなるかどうか不安な方は、医師に確認しておくと安心です。また、下まぶたの緊張が緩みすぎてしまうと、まつ毛が外側にめくれて「あっかんべー」の状態になったり、黒目の下に白目が見える三白眼になったりするリスクがあります。

裏ハムラ法

名古屋院の裏ハムラの1か月後の症例写真

表ハムラのデメリットを解消した施術が裏ハムラ法です。裏ハムラ法では、皮膚表面ではなくまぶたの結膜側から眼窩脂肪にアプローチしていきます。そのため、外側から見える場所に傷が残らないだけでなく、ダウンタイムを減少させたり体へのダメージを抑えたりといった効果が期待できます。眼輪筋を切開しないため、涙袋などが消失するリスクもありません。

裏ハムラの脂肪を移動させている図解

しかし、裏ハムラ法ではたるみの除去ができないため、重度のたるみがある方にはあまり向いていないと言えるでしょう。また、裏ハムラは結膜側からわずか数cmの非常に狭い範囲でおこなう施術であるため、執刀には高い技量が必要となります。そのため、裏ハムラを採用している美容外科があまりないという点はデメリットです。

皮膚切開

表ハムラで余分な皮膚を切除している図解

皮膚切開は、下まぶたの1〜2mmを切開して余分な皮膚や脂肪を取り除く治療法です。皮膚切開では眼輪筋を斜め上に引っ張って固定するため、顔全体のたるみの改善も期待できます。そのため、たるみが原因のクマにもっとも効果的です。また、クマだけでなくたるみを改善することで、小さなシワや皮膚のハリをとり戻す効果も期待できます。

目の下のたるみ取りのバナー

人気の目の下の目の下のたるみ取りのご予約はコチラから⇒

effect

一番効果のあるおすすめの術式は?

クマ取りで効果的に治療をおこなうためには、クマの種類や原因を特定し、それに適した施術を選択することがもっとも重要です。つまり、一番効果がある術式は「クマの種類や原因によって変わる」というのが答えになります。
とは言え、いくつかのクマを併発している場合などは自分でクマの原因を特定するのは難しいです。そのため、クマの種類が何なのかしっかりと見極めた上で最適な治療法を提案できる医師のもとでカウンセリングを受けるのがおすすめです。

point

美容外科・医師選びのポイント

【リスク・副作用】むくみ・内出血・目元の熱感などを生じることがあります。リスク副作用に配慮して丁寧に手術を行います。

ここからは美容外科・医師選びのポイントについて解説していきます。探し方や優先事項が分からないという方はぜひ参考にしてみてください。

自宅から通いやすい美容外科を選ぶ

美容外科を選ぶ際には、はじめに自宅から通いやすい距離に絞ることをおすすめします。名古屋に住んでいるのであれば名古屋で探すのがおすすめです。余計な交通費や宿泊費がかからないだけでなく、万が一のトラブルの際に受診しやすいというメリットがあります。ダウンタイム期間中に不安になっても、すぐ行ける場所に美容外科があることが一つの安心材料になるでしょう。

目の下の整形の実績が豊富な医師を選ぶ

裏ハムラと脂肪注入の赤クマの1か月後の症例
【リスク・副作用】むくみ・内出血・目元の熱感などを生じることがあります。リスク副作用に配慮して丁寧に手術を行います。
裏ハムラで若々しい目元になった1ヶ月後の症例
【リスク・副作用】むくみ・内出血・目元の熱感などを生じることがあります。リスク副作用に配慮して丁寧に手術を行います。
裏ハムラで改善したく黒クマの症例
【リスク・副作用】むくみ・内出血・目元の熱感などを生じることがあります。リスク副作用に配慮して丁寧に手術を行います。
裏ハムラと脂肪注入の1か月後の症例
【リスク・副作用】むくみ・内出血・目元の熱感などを生じることがあります。リスク副作用に配慮して丁寧に手術を行います。
裏ハムラと脂肪注入(ナノリッチ)の1か月後の症例
【リスク・副作用】むくみ・内出血・目元の熱感などを生じることがあります。リスク副作用に配慮して丁寧に手術を行います。
黒クマと赤クマを裏ハムラで治した1ヶ月後の症例
【リスク・副作用】むくみ・内出血・目元の熱感などを生じることがあります。リスク副作用に配慮して丁寧に手術を行います。
名古屋院の裏ハムラの1ヶ月後の症例写真
【リスク・副作用】むくみ・内出血・目元の熱感などを生じることがあります。リスク副作用に配慮して丁寧に手術を行います。
目の下の脂肪除去と脂肪注入の症例
【リスク・副作用】むくみ・内出血・目元の熱感などを生じることがあります。リスク副作用に配慮して丁寧に手術を行います。
名古屋院でした裏ハムラの法の1か月後の症例
【リスク・副作用】むくみ・内出血・目元の熱感などを生じることがあります。リスク副作用に配慮して丁寧に手術を行います。

医師選びにおいてはじめに確認すべきポイントは実績です。医師によって得意とする手術は異なるため、クマ取りを受ける場合にはクマ取りの施術実績や症例数を真っ先にチェックしましょう。口コミサイトや掲示板で情報を集めたり、難易度が高い裏ハムラ法を習得しているかどうかを判断基準にするのもおすすめです。

summary

名古屋でクマ取りをするならeクリニック

横浜みなとみらい院 の受付
横浜みなとみらい院のエントランス
横浜みなとみらい院のカウンセリングルーム
横浜みなとみらい院の廊下
横浜みなとみらい院のメイクルーム
横浜みなとみらい院の外観

今回は名古屋でクマ取りを検討している方に向けて、クマ取りの原因別の施術方法や医師選びのコツをご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか。
eクリニック名古屋院では、この世に存在するありとあらゆるクマ治療をおこなうことができます。お客様の目元の状態を見ながら、どんなクマやたるみにも対応できるトップレベルの技術力やアフターフォロー体制が整っています。
クマ取りに限らず、美容整形を検討している方はぜひ一度eクリニック名古屋院までご相談ください。

目の下のたるみ取りのバナー

人気の目の下の目の下のたるみ取りのご予約はコチラから⇒

Related Column 関連コラム

Tiktok Instagram