目の下のクマ取りの名医を探す方法は?医師選びのポイントを解説

目の下のクマが綺麗な20代の女性

目の下のクマは、疲れて見えたり、実年齢よりも老けて見えたりと、私たちの顔の印象に大きな影響を与えます。セルフケアでの改善が難しいクマは手術や美容施術で効率的に治すことが可能です。
今回はそんな目の下クマ取りについて詳しくご紹介していきます。クマ取りでは美容外科選びはもちろん、医師選びも自然な仕上がりにするためにとても重要な要素です。名医と呼ばれるような高い技術力のある医師を探す方法についてお伝えするので、目の下のクマ取りを検討されている方や興味があるという方は是非参考にしてみてください。

名古屋院のクマ取りの特徴

point

目の下のクマ取りの名医を探すポイント

目元は顔の印象を左右する非常に重要なパーツです。そのため目元の手術を受ける際は技術力があり、状態と悩みにあわせた手術方法を提案してくれる医師を選ばなければなりません。また、目の下は他の部位と比べて皮膚が薄く、とてもデリケートな部位です。衛生面にも考慮し、安全な手術ができる名医に手術を任せましょう。
名医と呼ばれるような目の下のクマ取りのスペシャリストを探すポイントは以下の通りです。

  • 経歴と実績があるか
  • 症例写真を多く公開しているか
  • カウンセリングは丁寧か
  • 口コミや評判は良いか

それぞれについて詳しくみていきましょう。

経歴と実績があるか

医師の経歴は美容外科のホームページから確認することができます。これまでどのような美容外科に勤めていたのかをチェックしましょう。また、一言に美容整形外科医といっても医師によって得意分野は異なります。目の下のクマ取りを受けるなら目元の手術に特化した医師を選ぶようにしましょう。医師の得意分野の参考になるのは専門医資格や所属している学会です。こちらも美容外科の医師紹介ページから確認することができます。

症例写真を多く公開しているか

目の下のクマ取りに興味はあるものの、実際に手術を受けた後のイメージがつかないという方も多いはずです。そんな方は、手術のビフォーアフターの症例写真を参考に自分のクマの状態にあった手術ができる医師を探しましょう。症例写真は多ければ多いほどイメージがしやすいです。医師によってスタイルがあるので症例写真を見ながらどんなスタイルなのかをリサーチしましょう。

カウンセリングは丁寧か

名医を探すためには実際にカウンセリングを受けてみることも大切です。気になる医師が見つかったら美容外科に行ってクマの状態を診てもらいましょう。
名医と呼ばれるような優れた医師は、クマの状態と悩みにあわせた適切な手術を提案してくれます。しっかり話を聞いてくれ、丁寧に説明をしてくれるカウンセリングが丁寧な医師だと安心して手術を任せることができるでしょう。メリットだけでなくデメリットやリスクについてもわかりやすく説明があると信頼できるでしょう。

口コミや評判は良いか

医師選びの参考になるのが実際に手術を受けた人の口コミです。口コミはSNSなどで医師の名前や美容外科名を検索すると見ることができます。どのような評判を受けているのか必ずチェックしましょう。
口コミはできるだけたくさん目を通すことが大切です。一つの口コミだけを鵜呑みにせず幅広い意見を見て、客観的に判断しましょう。

【おススメ関連コラム】目の下のふくらみ取りの名医を探す方法は?見極めるポイントを解説▶

photo

症例写真

黒クマと赤クマを裏ハムラで治した1ヶ月後の症例
【リスク・副作用】むくみ・内出血・目元の熱感などを生じることがあります。リスク副作用に配慮して丁寧に手術を行います。
赤クマと目の下の凸凹を裏ハムラで治した1か月後の経過の症例
【リスク・副作用】むくみ・内出血・目元の熱感などを生じることがあります。リスク副作用に配慮して丁寧に手術を行います。
目の下の脂肪除去と脂肪注入の症例
【リスク・副作用】むくみ・内出血・目元の熱感などを生じることがあります。リスク副作用に配慮して丁寧に手術を行います。
裏ハムラと脂肪注入の赤クマの1か月後の症例
【リスク・副作用】むくみ・内出血・目元の熱感などを生じることがあります。リスク副作用に配慮して丁寧に手術を行います。
裏ハムラと脂肪注入の1か月後の症例
【リスク・副作用】むくみ・内出血・目元の熱感などを生じることがあります。リスク副作用に配慮して丁寧に手術を行います。
裏ハムラと脂肪注入(ナノリッチ)の1か月後の症例
【リスク・副作用】むくみ・内出血・目元の熱感などを生じることがあります。リスク副作用に配慮して丁寧に手術を行います。

cause

目の下のクマの原因

名古屋院で行ったクマ取りの1か月後の症例写真
【リスク・副作用】むくみ・内出血・目元の熱感などを生じることがあります。リスク副作用に配慮して丁寧に手術を行います。

医師選びについてご紹介するまえに、まずはクマがなぜできるのか種類別の原因をご紹介していきます。目の下のクマはその色によって原因が異なります。

  • 黒クマ
  • 赤クマ
  • 茶クマ
  • 青クマ

4種類のクマの原因について詳しく見ていきましょう。

この症例写真は、名古屋院で行ったクマ取りの手術前と1か月後の症例写真です。

黒クマ

黒クマのイメージ

黒クマは、顔のたるみや目の下の膨らみによって生じる影が原因で、目の下が暗く見える状態を指します。このたるみは、紫外線によるダメージや加齢が引き起こす肌の弾力性の減少により生じ、皮膚の凹凸が目立ちやすくなります。また、年齢を重ねるにつれ、眼窩脂肪を包む膜が緩み、膜の外に脂肪が出ることで目の下が膨らむこともあります。黒クマが疑われる場合、目尻方向にクマを引っ張ってみて、目立たなくなると黒クマである可能性が高まります。このような黒クマの治療には、たるみの改善や眼窩脂肪の除去、移動などの方法が適しています。

赤クマ

赤クマのイメージ

赤クマは目の下に赤い膨らみが見られる状態で、これは目の下の眼輪筋が透けて見えることで赤く映る現象です。赤クマの原因は、加齢によって下まぶたの眼窩脂肪が隔膜から突出し、その脂肪が眼輪筋に圧力をかけることによります。頬骨付近を下方向に引っ張ると、クマの赤みが強まることがあり、これが赤クマの典型的な特徴です。赤クマには、この突出した脂肪を除去したり、位置を移動させる手法が適しているとされます。

茶クマ

茶クマのイメージ

茶クマは、紫外線の影響や摩擦によってメラニンが色素沈着することで、目の下に現れる茶色いくすみの状態を指します。目の下の皮膚を引っ張っても、その茶色のくすみが変わらない場合、茶クマである可能性が高いです。茶クマの改善には脂肪注入が効果的であり、加えてメラニン生成を抑制する内服薬や色素沈着を緩和するレーザー治療も有効な手段とされています。

青クマ

青クマのイメージ

青クマは主に血行不良が原因で起こり、不良な血流によって毛細血管の色が透けて青く見える状態です。この血行不良は、長時間のデスクワークやスマートフォンの使用による目の過度な使用、睡眠不足、ストレス、体の冷えなどが原因となることが多いです。目の下を軽く引っ張ると青みが目立たなくなる場合、それは青クマの兆候です。特に、目の下の皮膚が薄い人は青クマがより目立ちやすくなります。そのため、目の下に脂肪を注入して皮膚の厚みを増やすことで目立ちにくくすることが可能です。

kinds

目の下のクマ取りの種類

上記のようなクマを取るにはどのような方法があるのでしょうか。一般的にクマ治療と呼ばれている手術は以下の通りです。

  • 経結膜脱脂
  • 脂肪注入
  • ハムラ法
  • 裏ハムラ法
  • 皮膚切開
  • こめかみリフト

それぞれどんな治療法なのかご紹介します。

経結膜脱脂

経結膜脱脂と目の下のヒアルロン酸注入を同時にした症例の1週間後
【リスク・副作用】むくみ・内出血・目元の熱感などを生じることがあります。リスク副作用に配慮して丁寧に手術を行います。

経結膜脱脂は、下まぶたの結膜(目を裏返したときに見える部分)を切開して眼窩にある余分な脂肪を取り除く治療法です。この手術では、取り除く脂肪の量を正確に調整する必要があり、誤った量の除去は目元に不自然な凹みや突起を生じさせてしまいます。そのため、この手術には高度な技術が必要です。また、傷が表面に見えないため、手術を受けたことが他人に気付かれにくいというメリットがあり、人気のある治療法となっています。他のクマ治療と比較してコストが抑えられる点も、経結膜脱脂の特徴の一つです。

この症例写真は、経結膜脱脂と目の下のヒアルロン酸注入を同時にした症例の手術前と1週間後の症例写真です。

脂肪注入

名古屋院の目の下の脱脂と脂肪注入の症例
【リスク・副作用】むくみ・内出血・患部の熱感などを生じることがあります。リスク副作用に配慮して丁寧に手術を行います。

脂肪注入の大きなメリットは、目の下の凹みを改善することによって、脂肪不足が原因のクマを緩和できる点にあります。上記でご紹介した通り、目の下のクマにはいくつかの種類があり、それぞれ原因が異なります。これらの異なるタイプのクマに対して、脂肪注入はその色味を改善する効果があるとされており、多様なクマの問題に対応可能な治療法として有効です。

この症例写真は、名古屋院の目の下の脱脂と脂肪注入の症例の手術前と手術直後の症例写真です。

【おススメ関連コラム】クマ取りには切らない方法もある?医師が解説▶

ハムラ法

ハムラ法は、下まつ毛の生え際近くの皮膚を切開し、目の下にある眼窩脂肪を凹んでいる部分に移動させる治療法です。この方法の利点は、自然な仕上がりで安定した結果が得られる点にあります。治療では、眼窩脂肪を支えるリガメントを剥がして脂肪を移動させますが、加齢で弾力性が低下したリガメントとの再癒着は起こりません。その結果、リガメントが原因で生じるたるみやクマの改善に効果的です。また、この治療法では皮膚切除も可能で、クマやたるみが顕著な場合には、たるみを解消することもできます。脂肪注入が不要なため、脂肪採取や注入に伴う身体への負担がなく、目の下の凹みを改善することができるのも大きなメリットです。

裏ハムラ法

黒クマと赤クマを裏ハムラで治した1ヶ月後の症例
【リスク・副作用】むくみ・内出血・目元の熱感などを生じることがあります。リスク副作用に配慮して丁寧に手術を行います。

裏ハムラ法は、下まぶたの裏側、つまり結膜を切開して眼窩脂肪を目の下の凹みに移動させる手術法です。この方法の大きな利点は、外側から見ても傷跡が見えないことです。ハムラ法と同じように自然な仕上がりが得られ、たるみやクマの原因であるリガメントを剥がしながら脂肪を移動させるため、これらの問題も改善できます。ハムラ法では涙袋の形状に影響を及ぼす可能性がありましたが、裏ハムラ法では涙袋には触れないため、そのような心配がありません。また、ハムラ法と比較して施術後の回復期間が短い傾向にあります。

この症例写真は、名古屋院で行った裏ハムラ法の手術前と1か月後の症例写真の症例写真です。

名古屋院のハムラ法の詳細

皮膚切開

皮膚切開法は、下まつげの直下を切開して、クマの原因となる眼窩脂肪と余分な皮膚を取り除く手術方法です。この手術では、皮膚の裏側にある眼輪筋という筋肉を斜め上に引っ張り、そこに固定することで、クマの改善だけでなく目の下のたるみも同時に解消できます。

こめかみリフト

こめかみリフトは、皮膚とその下にある弛んだ筋肉を引き上げる手術法です。この治療は、クマの治療に限らず、目元のシワや眉の垂れ下がり、目尻のたるみ、さらには小鼻の付け根から頬の上部にかけてのたるみの改善にも効果的です。特に、切開箇所がこめかみの上部で髪の毛に隠れる位置にあるため、手術痕が目立たないというのも大きなメリットです。

名古屋院のこめかみリフトの詳細

summary

目の下のクマ取りの名医が在籍するeクリニック 名古屋院

横浜みなとみらい院 の受付
横浜みなとみらい院のエントランス
横浜みなとみらい院のカウンセリングルーム
横浜みなとみらい院の廊下
横浜みなとみらい院のメイクルーム
横浜みなとみらい院の外観

上記でご紹介したようにクマ取りと一言にいってもその手術方法は種類がたくさんあります。クマの種類や状態、悩みにあわせた手術方法でないと思ったような効果が実感できなかったり、不自然な仕上がりになってしまうこともあります。eクリニックにはクマ取りを得意とする名医が在籍しているため、それぞれにあわせた最善の治療法を提案することができます。また、目元のオーダーメイド施術もeクリニックは得意としています。例えば、裏ハムラ法や眉下切開、たるみ取りと脂肪注入などを組み合わせ、より自然で理想的な目元を実現します。
クマ取りを検討している方はもちろん、どのような手術方法が自分に合っているのかわからないという方も是非eクリニックに一度ご相談ください。

目の下のクマ取りのLINE予約のバナー

人気の目の下のクマ取りのご予約はコチラから⇒

Related Column 関連コラム

Tiktok Instagram